急性の腰痛の時には、お風呂で温まっていい?

folder腰痛

当院に来院する患者様の中には、急にぎっくり腰になってしまい、その晩、ゆっくりお風呂に浸かって温まったら、もう動けなくなってしまったので、来院できないので往診に来てほしいという依頼がたまにあります。

 

急性のぎっくり腰など、急に起こる原因での痛みなどの時には、温めてはいけない事が多いのです。

 

それは、炎症を起こしているからです。

 

炎症とは、熱、腫れる、痛みが合わさる事です。

 

この時には、逆に冷やさないといけないのです。

 

よく痛みが続くような時には、温泉に行って温まったら良くなった、ということを聞きます。

 

これは、慢性の痛みの時です。

 

急に起こる急性の痛みの時には、温泉などで温めてしまうと、後から痛みが倍返しでかえってきます。

 

このところを間違ってしまうと、ぎっくり腰で入浴してしまって、かえって悪化してしまう事になってしまいます。

 

もう一度言いますと、温泉で良くなるのは、慢性の時の腰痛です。

 

急性か、慢性かを分かった上で、温めた方が良いのか、逆に冷やした方がいいのかをまず理解していきましょう。