原因不明の膝の痛みの治し方

folder未分類

各種の検査をしても異常が無いのに膝が痛いと訴えている人がいます。レントゲンや血液検査を行っても原因が分からない、という方はこのブログを参考にしてみてください

 

どうして膝が痛いのか1

原因が無くて膝が痛いという人の中には、意外と多いのが腰からの神経が膝の痛みという形で認識されている場合があります。この場合、腰に痛みはなく、ただ膝がしくしく痛んでいるということです。このケースでは、腰からの神経を強制的に圧迫することで膝への痛みを誘発させることもできます。この誘発検査で膝の痛みの原因が腰由来の神経からであるということが分かります。

 

どうして膝が痛いのか2

 

膝の周りの血液の循環が弱くなったり、血液の代謝が悪くなると、弱っている膝の周囲の血液がどろどろになり、汚れた血液となってしまいます。汚れた血液がいつまでも膝の周りに溜まっていると、痛みという形で訴えていくことがよくあります。この場合、軽い血流不全であれば、入浴やウォーキングなどを行うことで古い血液が新しい血液と代わるので痛みが消失していきます。ただ何年も積み重なった古い血液を膝から外に流すとなると、もはや運動や温熱などでは対処できないと思います。この場合、東洋医学(針、灸、漢方薬)などで血液を浄化していかなくては、痛みは取れないと考えます。

 

どうして膝が痛いのか3

 

ストレスなどで心因性の原因があると、腰や膝の痛みとして体に訴えることがあります。ストレスなどで交感神経が高まると血管を圧迫し、血の流れを阻害していきます。そうなると、東洋医学でいうところの瘀血が形成され、膝に瘀血ができてしまうと、膝の痛みとして体に現れてきます。

 

どうして膝が痛いのか4

 

冬や寒い日に限って膝がしくしく痛み出す人がいます。この場合、外気温が低くそのために体が芯から冷えてしまい、結果的に血管を締め付けて血の流れを悪くしてしまい、血流不全から膝に痛みを訴えていきます。元々が冷え性であれば、冷え性の対策として食事を気にしながら、場合によっては体を温めていく漢方薬を使いながら徐々に体質の改善をしていかないと膝の痛みは取り除くことが難しいと思います。

 

どうして膝が痛いのか5

 

老化による腎虚証になると、膝の関節が痛み出すことがあります。この場合、骨と筋肉の両方を鍛えていく必要があります。消化や吸収が老化によって弱くなってきているので、食事で補えないカルシウムやたんぱく質はサプリメントや漢方薬などを上手に使って、さらに運動を加えて体質の改善をしていくことが望ましいです。

 

どうして膝が痛いのか6

日によって、膝の痛みの場所が変わる人がいます。この場合の膝の痛みの原因は、心因性や気の停滞や気の不足によるものが関係していると思われます。施術の補助手段として補気を行いながら、大元の痛みの原因が心因性であればその原因の解決をしていく必要があります

 

どうして膝が痛いのか7

 

その他、様々な条件が加わることで膝が痛み出すことがあります。例えば、長く立っていると膝が痛くなる、ずっと正座をしていると膝が痛み出す、プールに入ると膝が痛み出す、朝起きた時にだけ膝が痛い、夜寝ているとしくしく膝が痛く動き出すと痛みが消える、夜寝ている時は気にならないが運動すると膝が痛い、天気の悪い日の前日になると膝が痛み出す、階段の昇り降りの時に特に痛い、など色々な条件下でも膝の状態が変わっていきます。

 

ご自分の膝が痛くなる時は、どのような時なのかを客観的に把握して来院していただくと、膝を治すプロセスが根本的に分かってくると思います。

 

お一人おひとりそれぞれに膝の痛みが現れる条件は違います。また痛みの出方も、チクチク痛い、うずくように痛い、しびれるように痛い、ズキンズキンと痛い、重い痛み、違和感のような痛み、つっぱった感じの痛みなど、痛みの種類も様々です。

 

当院では、膝の痛みの出る条件、痛みの種類などを問診の時にしっかりと聞いた上で、どうして膝の痛みが長年取れないのかを究明していきます。

 

どこにいっても治らない膝の痛み、どこに行ったらいいのか分からないあなた、このブログをもう一度じっくりと読んでいただき、当てはまることがあるならば、早めに当院へご連絡をいただきたいと思います。

 

痛い、辛い、かゆいは、本人にしか分かりません。本当に治せる治療院に早く行き当たるといいですよね。

 

様々な角度から膝の痛みの原因を探していきますが、それと同時に施術の時にも、どの施術が一番その患者様に合っているのかを考えていくことがとても重要です。最短で何回の施術で良くなるのかを説明できる施術院が少ないと思います。また原因を的確に説明できる施術院も少ないです。普段の生活スタイル、仕事の状況、周りの環境などあらゆるところに本当の原因が隠されていることがあります。ですからしっかりと問診を進めていき、原因となりそうなところを漏らさずに聞き出すことがとても重要だと思います。

 

その上でその原因に沿った施術をしていくことで、長年の膝の痛みとさよならできるのです。

 

移動するときや動く時、歩行時には必ず膝の運動が加わります。苦痛なく快適に生活していきたいですよね。

 

必ずあなたの膝の痛みは治りますのであきらめないでください。