スタイルを良くしてくびれをつくるには 第一話

folder未分類

女性なら誰もが憧れるスタイルの良いくびれのあるプロポーション

 

スタイルを良くして痩せてくびれを作るには

 

本やテレビ、YouTube、雑誌などが情報源となりすぐに知識だけは付きますよね

 

つまりスタイル良くくびれを作るにはどうすればよいかのノウハウだけはすぐにでも学べます

 

 

しかし、本当にそれが正しい知識なのでしょうか?

 

過酷な食事制限や徹底した運動指導など、考えただけでも無理、って思っちゃいますよね

 

皆さん、本やネットなどに書いてある情報を元に頑張ってダイエットやくびれを目指そうと思ってチャレンジしますよね

 

しかしそのたびに、くじけて失敗しますよね

 

知識では分かっているのに、なぜそれを実行してもダイエットできないのでしょうか

 

ましてや腰回りのくびれなんて、夢のまた夢ですよね

 

ライ〇ップなど、わざわざ高額なお金を掛けてダイエットをする人もいますよね

 

それも、続かない

 

続いたとしても、またリバウンドで元通り

 

いや、逆にリバウンドでむしろ以前よりも太った

 

良く聞く話しです

 

楽して普通においしいものを食べて痩せたいですよね

 

過酷な運動、まずい食材のまずい料理、しかも量も半分以下など

 

これじゃ、続くはずが無いですよ

 

当院では、男女問わず、皆さん、意外と無理なくほとんどの人がダイエットに成功しています

 

しかも、女性ならくびれまで付いてきています

 

男性なら、かっこいい割れた腹筋まで付いてきます

 

これが一瞬ではなく、ずっと続くのです

 

これが普通になっていくのです

 

ライ〇ップは、たしかに忠実に実行すればダイエットできると思います

 

ただ、あのやり方は、極端すぎ、無理もあり、長続きしない人が多いのです

 

この状態を永遠にキープできてこそ、本当にダイエットが成功したと言えるのです

 

ライ〇ップで成功した人の三年後の経過を追ってみてください

 

はたして成功した人の何割がそのまま三年後も五年後も良いスタイルのままを維持できているのか

 

では、どうすればダイエットできて、しかもくびれまで付けることができるのか

 

それには、二つの条件があります

 

皆さんも分かっていると思いますが、やはり基本は運動と食事なんです

 

やっぱり、そうか、とお思いでしょう

 

ただ、その中身が全然違うんですよ

 

楽に運動して美味しくいっぱい食べて、それで体重が減っていく

 

しかも永遠につづく

 

では、どんな運動や食事をすればいいのかをここでは理論だけですが

 

説明していきます

 

当院では、ほとんどの方がこのやり方でダイエットを行い、くびれや割れた腹筋を自分の物にしています

 

栄養学、運動学、生理学、解剖学、料理学などの基礎が出来ていればこれを応用するだけで

 

誰でもがダイエットでき、その先に女性ならくびれが付いてきます

 

私は、大学院でスポーツ医学全般を6年間学んできましたので、この分野は得意なんです

 

 

本や雑誌、テレビなどで皆さんが知っている情報はなるべく話さずに省いていきます

 

同じことを書いても意味がありません

 

むしろ皆さんが知らない事を書いていかないと、結局は同じことの繰り返しになります

 

皆さんの知識がどのくらいなのか、また正しい知識なのかは分かりませんが、ポイントだけをしぼって書いていきますよ

 

まず運動ですが、ポイントがあります

 

 

筋肉の外側に付いているのが脂肪ですが、この脂肪をとにかく落とせばいいのは分かっていますよね

 

脂肪も細かく書くと、内臓に付いている脂肪、血液の中にある脂肪、体の外に付いている脂肪

 

ひとくくりに脂肪と言ってますが

 

脂肪は、脂(あぶら)です

 

良い脂は体に蓄積されないが悪い脂は体に蓄積されてしまうのです

 

これを読んでいる方は、もうすでに内臓、血液、体の外に脂が付いてしまっていて、それが体から抜けていかない状態の人もいると思います

 

この中で一番早く反応するのが内臓です

 

ですから、内臓脂肪から早く無くなっていきます

 

最後まで取れにくいのが体の外にある脂肪なんです

 

また体の部位によっても脂肪が取れやすい部位と取れにくい部位があるんです

 

胸やノド周辺は早く脂肪が取れやすく、逆にヒップや太ももなどは最後まで取れにくい部位なんです

 

これも理解しておくといいですよ

 

よくある女性のパターンですが、ダイエットをして体重は減ってきたが脂肪は全く変わっていない

 

これは、どうなっているんでしょうか

 

答えは、これは筋肉が減ってきており、減った筋肉の分だけ体重が減っているんです

 

なんか、うれしいような悲しいような複雑な心境ですよね

 

このダイエットでは、ダメなんです

 

なぜダメなのか

 

筋肉が落ちてしまうと、太る元となる糖質(炭水化物-食物繊維)が筋肉に貯められなくなってしまうのです

 

筋肉に糖質が貯めておけないと、糖質が脂肪に変化してしまうのです

 

だから、筋肉が落ちてしまっての体重が減る状態はリバウンドにもつながってしまうのです

 

いや、リバウンドどころか、その後、よけいに変なダイエットのせいでさらに体質的に太りやすくなってしまいます

 

だから、ちゃんとしたダイエットをするための運動が必要で、それを補うための食事の内容もちゃんと理解していかないとダイエットは永遠に難しいのです

 

何回もダイエットに失敗している人は、基礎理解が足りていないのです

 

ある程度のことが理解していると仮定してお話を続けていきます

 

脂肪が落ちるには、いきなり脂肪が落ちていく訳ではありません

 

脂肪が無くなる前にまず糖質が体の中から無くなっていきます

 

体の中には、必要最小限度の糖質が必要ですが、太っている人は、何百倍も糖質を摂ってしまっています

 

糖質、って甘いものだけではないの知っていますよね

 

だから今、はやりの糖質制限ダイエットとかがあるんですが

 

皆さんがやっている糖質制限ダイエットは、人それぞれでどのくらい糖質を制限しているかにもよりますが

 

たしかに一日の糖質の摂取量をある程度まで制限していくのは、いいと思いますが、これを継続して何年も何十年先も続けていくことができますか

 

よほどの根性がなければ、まずは続かないですよね

 

そんなに根性があれば、美味しい誘惑にも負けないし、そもそも太っていないですよ

 

無理をして糖質を制限するという考え方がそもそも間違っているんですよ

 

理想は、美味しい料理をいっぱい食べて、満足感も得られて、しかも糖質が制限されている

 

これは、夢のような話に思えますよね

 

でも、当院では、これをやっていくことで皆さん、ダイエットに成功し、さらにくびれまで付いてしまうのです

 

先ほども言いましたが糖質がある程度増えてしまうと、増えた分の糖質は脂肪に置き換わります

 

だから、単純に糖質を抑えた食事にすればいいだけのことです

 

ただ、そうすると、ご飯もパンも麺類も果物もスイーツもデザートも全部制限していかなくてはいけなくなりますよね

 

果物は、ヘルシーというイメージがありますが、果糖という糖質がたくさん含まれています

 

ここからですよ。

 

糖質の高い料理としてパン、ご飯類、麺類、スイーツ、デザート(カステラ、まんじゅう、シュークリーム、ドーナツ、アイス、パフェ、シフォンケーキ、ショートケーキ、クッキー、チョコケーキ、ティラミス、バームクーヘン、エクレア、プリン、たい焼き、お汁粉、クレープ、パンケーキ、ホットケーキ、など)

 

これらの料理を糖質を低くして作ればいいだけの事なんですよ」

 

デザートの種類は一例を挙げてみましたが、これらは、どれも高糖質な料理なんです

 

美味しいものは、高糖質だと思って間違いないです

 

だから、皆さんは、食べたいシュークリームを五分の一だけ食べて我慢したり、ショートケーキも半分も食べないで我慢するしかないんですよね

 

 

この我慢を繰り返していると、いつかストレスで、そのストレスが爆発してバク食いをしてしまうのも時間の問題なんです

 

もしくは、続かなくて途中でもう止めてしまう

 

当院では、私がダイエット食事療法研究会の代表として、定期的に食事の研究会を行っていますが、

 

どういう研究会かというと、簡単にいうと、病院でも教えてくれない、どこにも書いていない、どこにも載っていない糖質の高い料理をいかにして低糖質で作ることができるのかを研究している会なんです

 

私は、その代表です

 

ですから、たとえばカステラにしましょうか

 

 

カステラはふわふわして甘くて柔らかくて美味しいですよね

 

カステラは量にもよりますが平均一人前の糖質がだいたい60g前後です

 

糖質60g、ってどのくらい?

 

これは、角砂糖にすると24個分に相当しますよ

 

こうすると、いかに糖質が多いかがわかりますよね

 

びっくりしませんか?

 

またこういうのはどうでしょう

 

中華屋に行きました

 

ランチセットが普通にあります

 

ラーメン・チャーハン・餃子セットです

 

よくあるパターンですよね

 

これって、皆さんが普通に食べていますが、角砂糖にしたら、どのくらいだか想像つきますか

 

量にもよりますが、平均するとこの三つを完食すると角砂糖70個分に相当します

 

しかも、その後に缶コーヒーも飲みたくなりますよね

 

缶コーヒーもメーカーや量にもよりますが、だいたい200㏄で角砂糖12個前後です

 

ですから普通にランチでラーメンセットと缶コーヒーで、角砂糖82個を摂取しています

 

つまり一回のランチで、角砂糖82個を摂取したことになります

 

これって、どう思いますか

 

怖いですよね

 

これが、皆さん、すでに当たり前になっており麻痺した状態にあります

 

だから、当然プロポーション良く痩せるなんて不可能なんです

 

ここで何が言いたいかというと、

 

この生活をしていては間違いなくダイエットどころかさらに太るし、くびれは皆無に近いです

 

ダイエットに挑戦する人は、今日からラーメンセットと缶コーヒーを止めてしまおうと考えます

 

そして食事制限を実行します

 

最初は続きます

 

でも二週間も続かない

 

だから今回も失敗し、しまいにはダイエットもくびれも夢で終わってしまうのです

 

そこで私のところのダイエット食事療法研究会では、

 

何をするかというと

 

最初は、皆さん信じられないし、ありえないと思いますが

 

いまから言うことを実行するんです

 

だから、みんなが腰回りもくびれていくんです

 

結論を言うと

 

ラーメンセットと缶コーヒーを外食するのではなく、

 

自分で作るのです。しかも美味しく作るのです

 

お店と同じレベルの美味しいラーメン、チャーハン、餃子、甘ーいコーヒーを作るのです

 

これらを全部食べると、たしか角砂糖82個分でしたよね

 

私が作る美味しいラーメン、チャーハン、餃子、甘ーいコーヒーが角砂糖にするとわずか6個分です

 

82個→6個

 

この差はかなり大きいですよ

 

信じられないですよね

 

ありえないですよね

 

これはあくまでもランチの一例ですが、このように朝食も夕食も自分で美味しく料理を作るんです

 

これは、どの料理にも可能なんです

 

何の料理でも低糖質で作れるんです

 

しかも、美味しいんです

 

いや、美味しくないとダメなんです

 

美味しくないと、続かないのです

 

美味しいからみんな、続くんです

 

しかも永遠に続けられるんです

 

だって美味しいから

 

天ぷら、カレーライス、グラタン、シチュー、ハンバーグ、かつ丼、焼きそば、お好み焼き、エビチリ、パスタ、ロールケーキ、ようかん、など

 

普段の料理のほとんどを低糖質で美味しく作るんです

 

たしかにYouTubeや雑誌、本、などにも一部低糖質料理のレシピや作り方を紹介していますが、美味しいものが少ないんですよ

 

しかも低糖質と書いてあっても、糖質30%オフくらいのレシピが多いです

 

それではダメなんです

 

せめて糖質85%以上オフじゃないと

 

糖質85%オフでこれがめちゃくちゃ美味しかったら、みなさん、どうですか?

 

おかわりだってできますよ

 

糖質がすごく少ないのでいくら食べても体への影響は無いんです

 

このまま話を続けていきましょう

 

私の作るスイーツは、すごく甘いですし、あんこもすごく甘くて美味しいです

 

もちろんアイスも甘いし、ケーキ類は全て甘くて美味しく作ります

 

ケーキ類は、種類にもよりますが、ティラミスなら糖質97%オフで作ります

 

しかも甘くてすごく美味しいティラミスにします

 

ここでなぜティラミスが糖質97%オフで美味しく作れるのかを解説します

 

ティラミスの成分を分析してみましょうね

 

生地として

小麦粉 卵 砂糖 ミルク がベースです

 

クリームとして

植物性生クリーム 砂糖 マスカルポーネがベースです

 

生地のソースとして

コーヒー 砂糖 水あめ ハチミツやメープルシロップがベースです

 

この中で高糖質な材料を挙げると

 

小麦粉、砂糖、ミルク、水あめ、ハチミツ、メープルシロップ

 

市販のティラミスはこの材料を大量に使用して美味しいティラミスにしていきます

 

これらの高糖質の材料を低糖質の材料に変えていくだけです

 

もちろん、ただ材料を変えただけでは美味しいティラミスにはなりません

 

むしろまずいティラミスだと思います

 

調理方法次第で美味しくもなれば、まずくもなるんです

 

調理方法はさておき

 

では、どのような食材に変えるとティラミスが97%糖質オフになり

 

しかも美味しいティラミスになるのか

 

小麦粉→おから粉、もしくは大豆粉

砂糖→天然甘味料(エリスリトール、ステビアなどを使用)

ミルク→豆乳

水あめ、ハチミツ→不使用(使わなくても十分に美味しいティラミスになる)

メープルシロップ→糖質ゼロメープルシロップを使用

 

上記のような食材に変えてとびっきり美味しいティラミスを作るんですよ

 

美味しくするための研究を日々やっているのがダイエット食事療法研究会の目的です

 

おから粉はほとんど糖質が入っていません

 

砂糖は天然甘味料にかえることで、糖質はゼロで抑えられます

 

私はエリスリトールを使用しますが、砂糖と同じくらい甘いです

 

ミルクも実は糖質が意外と多いのです。

 

そこで無調整の豆乳を使用します

 

豆乳は独特の味がしますが、別に飲むわけではないので、

 

料理に加えると全く豆乳の味は消えます

 

だから豆乳を飲めない人でも全く問題ないんです

 

シロップ系は現在は糖質ゼロのシロップが各会社から出回っているので、好みのを使用します

 

どうですか?

 

食材をこのように変えていくと糖質97%オフの美味しいティラミスができます

 

あとはこの食材を使用して、いかに美味しいティラミスにするかです

 

これなら、ストレスなく毎日美味しいティラミスを食べることができます

 

しかも食べれば食べるほどダイエットにつながるんです

 

ティラミスを食べれば食べるほど痩せていくんです

 

毎日ティラミスを食べれます。そして痩せていけるのです

 

自然と、いやでも痩せていきます

 

すべての料理において食材を工夫して低糖質で作っていくんですよ

 

腹いっぱい、美味しい中華も和食も洋食も何でも食べられるんです

 

ただし、全部自分で作っていくんです

 

あんこももちろん低糖質で作るんですよ

 

市販のあんこ、裏表示を見てくださいね

 

小豆の他に、砂糖、水あめ、シロップ、ブドウ糖果糖液糖、などが入っていますよ

 

しかも、これらの甘さ成分が大量に入っていますよ

 

そして甘いあんこになっています

 

私の作るあんこは、糖質98%オフで作りますよ

 

美味しいし、しかも甘いあんこですよ

 

同じあんこでも、市販のあんこと私が作るあんこでは

 

こんなに違ってきます

 

今回のブログは、かなり長くなりましたが

 

女性でも男性でもダイエットをして痩せてスタイルをよくして

 

くびれ、腹筋を作ることは可能です

 

私のやり方でやっていけば

 

全くダイエットは難しくないんです

 

むしろ頑張らなくていいし

 

普通の美味しい食事をして

 

しかもたくさん食べて

 

デザートの制限もなく

 

間食もしていいんです

 

それでダイエットしてくびれも作れていくんです

 

リバウンドなんてありません

 

だって食事で我慢することが無いんですから

 

もし、いままであらゆるダイエットをして

 

失敗に終わっている人は

 

まずは、このブログを何度も読んでみてください

 

何となくゴールが見えてくるかもしれませんよ