テニス肘とゴルフ肘の違い

folder未分類

テニスをして痛めた肘のことをテニス肘だと思っていますよね

またゴルフで痛めた肘をゴルフ肘だと思っていますよね

これは、間違いです

 

というか

 

そもそもテニス肘とかゴルフ肘という病名は

 

無いんです

 

たまたまテニスをやって痛めたのか

 

ゴルフで痛めたかで

 

皆さんがテニス肘、ゴルフ肘と決めてしまっているみたいです

 

テニスでは、たいがい

 

肘の外側を痛めることが多いのに対して

 

ゴルフでは逆に肘の内側を痛めることが多いです

 

ですから、我々の業界でも

 

テニス肘と言ったら

 

肘の外側の痛みと理解しています

 

ゴルフ肘は

 

肘の内側の痛みと理解しています

 

なぜテニスとゴルフでは

 

ラケットやクラブを振る動作は同じなのに

 

外側に痛みが出たり内側に痛みが出たりと

 

痛みの場所が違ってくるのでしょうか

 

それをこれからお話しをしていきます

 

テニス肘になる場合には

 

ほとんどが

 

バックハンドで打ち返した時に

肘を痛めてしまうのです

 

このバックハンドの時に

 

実は肘の外側の筋肉を使っており

 

その筋肉の付着部に負担がかかり過ぎると

 

痛みという炎症が起こり

 

テニス肘になってしまうのです

 

ではゴルフではどうなのかというと

 

右利きの場合

 

ゴルフのスウィングの真似をしてみてください

 

右の手首がスウィングをした時に

 

手のひら側にやや手首が折れ曲がりますよね

 

自分の肘を伸ばした状態で

 

手首を手のひら側に曲げてそこで止めてみてください

 

肘の外側と内側ではどちらが膨らみますか

 

内側の方が固くなり

 

そして内側が膨らみますよね

 

ということは

 

ゴルフでは

 

肘の内側の筋肉が使われて

 

それが無理なゴルフクラブの力に負けてしまい

 

ストレスが加わって炎症が起こり

 

肘の内側が痛くなってしまうのです

 

今のをまとめてみましょう

 

テニスではバックハンドの時に

 

肘の外側の筋肉に負荷が加わり

 

痛みを起こす

 

痛みを起こしている場所は

 

肘の少し上です

 

この場所を

 

上腕といいます

 

そして上腕の骨付近に痛みがあるので

 

上腕骨の外側の痛みなので

 

これを短縮して

 

上腕骨外側上顆炎と言います

 

ゴルフ肘は

 

クラブを振って肘の上の骨の部分

 

ここは先程と同じ上腕骨です

 

そして内側の痛みなので

 

短縮して

 

上腕骨内側上顆炎と言います

 

ですから

 

テニス肘のことを上腕骨外側炎というのが

 

正式な病名です

 

ゴルフ肘のことを上腕骨内側上顆炎というのが

 

正式な病名です

 

この時、どのような炎症が肘に起こっているのか

 

もっと詳しく診ていきましょうかね

 

テニス肘の場合

 

たしか肘の外側の痛みでしたよね

 

ここの場所には、たくさんの筋肉が付いているんです

 

治療をするには

 

たくさん付いている筋肉の中のどこの筋肉に

 

炎症が起こって痛みを起こしているのかを

 

検査をしていきます

 

この検査のことを

 

整形外科的検査法と言います

 

そしてより細かく筋肉を限定していくために

 

鑑別診断ということも行います

 

この検査と鑑別診断で

 

どの筋肉から痛みが出ているのかが分かれば

 

その筋肉を施術すればいいだけです

 

ただ、普通の病院や治療院では

 

検査と鑑別診断をするところが少なく

関連する筋肉すべてを施術していこうとするので

 

なかなか治らないんです

 

たくさんある筋肉を全部一まとめで施術するよりも

 

痛みを起こしている筋肉だけをねらって施術をした方が

 

はるかに効果がありますし

 

すごく早く治ります

 

ゴルフ肘も同じことが言えます

 

ゴルフ肘は肘の内側が痛みを起こしていましたよね

 

この肘の内側にもたくさんの筋肉が付いており

 

病院や治療院では全部の筋肉を施術しようとします

 

だからゴルフ肘の施術をしても

 

なかなか治りが悪いのです

 

これも整形外科的検査法と鑑別診断を行い

 

痛みを起こしている筋肉を限定して

 

その筋肉だけを狙い撃ちすると

 

早くゴルフ肘も治ります

 

テニス肘やゴルフ肘が治らずに

 

半年や一年近くかかっている人を見かけますが

 

それは、痛みの原因筋を見つけていない可能性があります

 

もちろん痛みのある時には練習を軽くしたり

 

時には中断して施術に専念していただくこともありますが

 

それでもしっかりとした施術をしていれば

 

数回の施術でかなり症状は軽減され

 

痛みも楽になります

 

今回はテニス肘とゴルフ肘の違いについてのお話しでした