症状別ページ

腰痛の鑑別診断

一概に腰痛と言っても沢山の種類があります。腰痛の原因は様々ですが、痛みを起こしている場所や何が腰の痛みに直結しているのかを診ていきましょう   腰痛を起こしている範囲はどこ? 腰の痛みといっても腰のエリアは広い…

続きを見る arrow_forward

脊柱管狭窄症と坐骨神経痛の施術の考え方

脊柱管狭窄症と坐骨神経痛は、病態は違っても体に現れる症状は似通っています。背中、腰から足にかけての痛み、ツッパリ感、シビレ感、筋力の減弱、筋肉の張り、こわばりなどです。脊柱管狭窄症は脊髄の中の神経を圧迫して神経に負担をき…

続きを見る arrow_forward

慢性腰痛の対処法

仕事をし過ぎると腰が痛くなる、天気が悪い日に腰が痛くなる、長く立ちっぱなしだと腰が痛くなる、長距離運転で腰が痛くなる、寒い日に腰が痛くなる、ストレスで腰が痛くなる、お産の後に腰がずっと痛い、運動をし過ぎると腰が痛くなる、…

続きを見る arrow_forward

坐骨神経痛を根本的に改善させるには

坐骨神経痛という言葉を一度は耳にしたことがある人も多いかと思います。この病気で悩んでいる人は意外と多いのです。罹患率の多い坐骨神経痛ですが、この症状を取り除くことができない病院や治療院も多いです。ではこのような坐骨神経痛…

続きを見る arrow_forward

脊柱管狭窄症の改善率90%以上

当院では、今までに脊柱管狭窄症を何百例と診てきました そのうち、本当に手術が必要だった症例は、わずか十数例に過ぎなかったのです 残りの患者様は脊柱管狭窄症であっても、当院の施術により症状が落ち着いております 病院での見立…

続きを見る arrow_forward

経絡とアナトミートレイン(施術者用)

今回は、一般者ではなく、施術者を対象とした症状別ページとなります 西洋医学のアナトミートレインを利用して施術をさせている先生、また東洋医学の経絡を利用して施術をされている先生、実はこの二つは非常に似ているということなんで…

続きを見る arrow_forward

大腿直筋と腸腰筋の鑑別診断

大腿直筋は、二関節筋で下前腸骨棘に付着しています。   大腿四頭筋の一種で他の三つの筋肉は一関節筋です。   腸腰筋は、大腰筋と腸骨筋が合わさった筋肉で、小転子に付着しています。   下前腸…

続きを見る arrow_forward

強度打撲と不全骨折の鑑別

強度打撲とは 強度打撲は強い打ち身のことで、直達外力が加わった衝撃でその箇所に圧痛、腫脹、熱感、痛み、血腫を起こします。   不全骨折とは 不全骨折は、直達外力や介達外力などが加わり、骨に損傷を起こすことを言い…

続きを見る arrow_forward

肩の外転時の痛み

肩の挙上ではなく、外転時の運動時痛についての説明です   <肩の外転時の一般的な整形外科的テスト法>   ペインフルアークサイン 肩をゆっくりと外転させていき、肩と腕が約90度のところで肩の痛みを訴え…

続きを見る arrow_forward

頚椎神経根損傷

首には、7個の骨があり、骨と骨との間から神経が伸びています。この神経は主に腕に伸びています。大元の骨には神経が束になっており叢を作っています。この叢は、頚神経叢と腕神経叢に分かれており、腕神経叢が腕に関与しています。この…

続きを見る arrow_forward