年齢と共に増える変形性膝関節症

ヒザの疾患では、多いのが変形性膝関節症です。この疾患は年齢と共にひざのところにあるクッションの役割をしている軟骨が減ってきてしまい、クッションが無くなることでひざ周辺に痛みを訴えることです。とくにそのクッションはひざの内側が減りやすいので、痛みも当然ひざの内側が多いです。レントゲンを撮れば軟骨がどのくらい減っているかをみることができます。軟骨を増やすのに病院では注射をしたり、またサプリメントなどの技術も進んでおり軟骨を再生するサプリを継続して飲むこともお勧めします。また漢方薬などの効果も高く、痛みが続くような場合にはサプリと漢方薬を併用していきます。さらに大腿四頭筋のとくに内側広筋の老化がこの疾患の痛みの原因の一つとなっているので、この内側広筋をリハビリやトレーニングにより鍛えていくことがとても重要となります。この内側広筋は歩くだけではなかなか鍛えることが出来ません。しっかりとした正しい方法でこの内側広筋を鍛えていきましょう。