頚椎神経根損傷

首には、7個の骨があり、骨と骨との間から神経が伸びています。この神経は主に腕に伸びています。大元の骨には神経が束になっており叢を作っています。この叢は、頚神経叢と腕神経叢に分かれており、腕神経叢が腕に関与しています。この神経は8本あり、それぞれがどのエリアを支配するかが決まっています。例えば小指は尺骨神経、中指は正中神経、親指は橈骨神経と支配領域が決まっています。この神経が交通事故やスポーツ外傷などにより損傷したり炎症をおこしたりすると、この損傷した神経の支配領域の腕や手にしびれや痛み、また知覚過敏や知覚鈍麻、さらに力が入りにくくなったり、外的刺激に対する反射が弱くなったりします。反射には回内筋反射、上腕二頭筋反射、上腕三頭筋反射、腕頭骨筋反射があります。また力が入りにくいと説明しましたが、頚椎の5番が損傷すると三角筋の中部線維が鈍くなり腕の外転動作が弱くなります。ちなみに6番が損傷すると前腕の屈筋群が鈍くなり握力が弱くなります。また首を後屈させると骨と骨との間が狭くなり神経を圧迫するために神経症状が助長させます。これをジャクソンテストと言います。当院では、このように整形外科的検査法、知覚検査、筋力検査、反射検査、などからその患者様の神経根損傷がどの程度の損傷レベル化を判断することが可能です。