交通事故治療

交通事故治療で皆様が悩まれていること

 

1、病院で治療を受けているが、痛み止めと湿布だけで効果が感じられない

2、交通事故後のリハビリ先をどこにしてよいかが分からない

3、交通事故の相談を誰にしてよいか分からない

4、交通事故後、精神状態が不安定で日常生活に支障をきたしている

5、レントゲンで異常なし、と言われたが痛みとだるさとしびれが取れなくて困っている

6、交通事故後、頭痛がひどくて市販薬なしでは生活ができない

7、事故後、手足のしびれが気になって仕方がない

8、いまある痛みを、とにかく何とかしてほしい

9、首や腰の痛みやだるさが何年も取り切れていない

10、交通事故の患者さんが多い信頼のおける治療院で施術がしたい

 

当院が交通事故のむち打ち症に力を入れている訳

 

茨城県は全国的にも交通事故の多い県として有名であり、またむち打ち症としての後遺症に悩んでいる患者数も多いのです。そこで当院は今までの経験と知識を活かして交通事故に遭われた方々のための施術をしていきたいと考えました。交通事故を起こした後、「どこに行ってもよくならない」と大勢の人が悩んでいます。またはじめて治療院に行く際には「本当にここで症状が軽くなるのか」「どんなことをされるのか怖い」などほとんどの人が抵抗を感じます。そういった迷いを抱えている方のお役に立ちたいと思いました

 

交通事故に遭ってしまったらどうすればよいか

1、車を安全な場所に移動させます

2、負傷者を救護し、119番に連絡をします

3、110番にも連絡をします

4、相手の運転免許証を確認しましょう

5、事故状況の記録と目撃者の確保を行いましょう

6、お互いの任意保険会の確認と連絡をしましょう

7、各医療機関での診察(レントゲン、MRI、CT)を受けましょう

8、相手の保険会社に接骨院に通院することを伝えましょう

 

交通事故Q&A

1、自賠責保険は使えますか?

 A、自賠責保険による施術を受けることができます。患者様の窓口負担はありません

2、交通事故で病院に通院中ですが、病院と並行して接骨院でも施術が受けられますか?

 A、受けられます。保険会社へ連絡をしていただいた後からすぐ施術を開始できます

3、むち打ち症になり、三か月ほど病院に通っていますがこのまま継続治療するべきか?

  A、症状の改善があまり無いようでしたら転院を考えた方がいいと思います

4、保険会社から「症状固定」と言われたのですが?

 A

 症状が少しでも改善に向かっているのであれば症状固定とは言えません。症状固定とは施術効果が望めない状態を指しますので、施術を継続することが可能です

5、接骨院でも診断書は書いてもらえるのでしょうか?

A、警察提出用の施術証明書、診断書、さらに損害保険用の証明書も発行します

6、治療期間はどのくらいですか?

A,症状は軽くても事故の衝撃は意外と大きいので2,3カ月はかかると思います

7、事故後、めまいや吐き気がありますが?

A、むち打ち症の症状の一種で自律神経からくるものがほとんどです

8、軽いむち打ち症になりましたが、自分で治せますか?

A、自己流で判断せず、早期の手当てが必要ですので専門機関を受診しましょう

9、子供でも交通事故の治療ができますか?

A、出来ますが、事前にご両親がお子様の症状を理解しておいてください

10、天気の悪い日や寒い日に痛みや違和感が起こるようになったのですが?

A、むち打ち症がしっかりと治っていない時に後遺症として現れる時があります

11、むち打ち症になりコルセットを付けていますが、いつまで付けるべきですか?

A、程度にもよりますが、強い痛みが無ければ早期の除去が望ましいです

12、軽いむち打ち症ですが、仕事の付き合いでゴルフをやりますが大丈夫ですか?

A、施術中はスポーツを控えることです。ただ個人差がありますので相談してください

13、通院中ですが、「完治」のタイミングはどういう状態ですか?

A、多角的所見が無く、日常生活に支障がない状態にまで回復していれば完治といえます

14、むち打ち症で自分で首を軽くマッサージしたらよけい症状がひどくなったのですが?

A、自己流は危険です。施術者からアドバイスを受けてから行うようにしましょう

 

交通事故の施術内容

交通事故により損傷を受けた部位を元の健康な状態に戻すために施術とリハビリがあります。施術の目的は主に痛みや患者様の自覚症状を取り除くことです。施術によりある程度まで症状が落ち着いた後、落ちてしまった筋力や体力を回復させるためにリハビリテーションを行います。当院でのリハビリのプログラムを紹介します

自動介助運動

患者様自身の力で運動ができない場合、施術者や機械器具の助力によって運動を行います

自動運動

患者様自身の筋力のみによって行われる運動です

抵抗運動

鉄アレイ、重石、自分の体重などの抵抗を利用して運動に負荷をかけていきます

等尺性運動(アイソメトリック)

関節を動かさずに筋肉の収縮を行う運動です

等張性運動(アイソトニック)

関節を動かして筋肉を伸ばしたり縮めたりする動的な運動です

等速性運動(アイソキネティック)

筋の収縮力に関係なく運動速度を一定に保つ運動です

求心性収縮運動(コンセントリック)

筋肉の付着している部分が近づきながら収縮を行う運動です

遠心性収縮運動(エキセントリック)

筋肉の付着している部分が離れながら収縮を行う運動です

 

交通事故による車の破壊力

車が衝突した時の「衝撃力」は速度の二乗、重量に比例して大きくなります。例えば時速60キロでコンクリートの壁にぶつかったとしたら、約14メートルの高さ(ビルの5階程度)から落ちたのと同程度の衝撃を受けることになります。しかも交通事故の場合には、首、背中、腰、骨盤にまで悪影響が出てきます

 

むち打ち症とは

後続車が後ろから突っ込んできたような場合、首がまるでムチを打つようにしなる動きをします。そこからむちを打つような状態での損傷という事で、むち打ち症と呼ばれるようになりました。むち打ち症は、とくに首から背中、肩、腰、骨盤にかけて痛みやツッパリ感が走り、症状が持続してしまうことがあります。このむち打ち症は、正式な名前ではなく、「外傷性頚部症候群」「頚椎捻挫」などと呼ばれています

 

交通事故によるむち打ち症の施術とは

交通事故によるむち打ち症の施術には、実は特別な教育と知識、技術、経験が必要になります。交通事故後、病院に通っているが電気治療と飲み薬と湿布だけではあまり良くならないという不安を抱えている方、何か月も通院しているのに一向に症状の改善が見られない方などは、もしかしたらそれは交通事故外傷による適正な施術法を行っていない可能性も考えられます。いま行っている治療法や施術法に少しでも疑問をお持ちの患者様はご相談ください。

 

むち打ち治療のポイント

交通事故直後の治療ポイント

事故によって生じた皮下出血、内出血、炎症をいかに速やかに吸収させ、そして最小限度に抑えるかが非常に重要です。当院では、施術はもちろんのこと、施術以外にも炎症を誘発する食事法、逆に炎症を抑える食事法、日常生活での注意点、入浴での注意点など、などを事細かくアドバイスをさせていただきます

 

交通事故受傷後一か月以上経過した場合の治療ポイント

筋肉に柔軟性を持たせ、硬結と言って動かさないでいたために筋肉がかたくなってしまっている部位もあるので、それに伴い血流も悪くなっています。これらを対処するよう施術をしていきます。また痛みの種類や痛みの程度を確認し、個々の症状に応じた施術をしていきます。さらに、三か月以上が経過している場合には、交通事故の衝撃で全身のズレが生じていたり、自律神経の影響からの症状がある場合には自律神経処置を施していきます。

 

むち打ち症による症状固定とは

簡単に言うと、事故による施術を続けても、これ以上の症状の改善が認められない状態を症状固定と言います。投薬や物理療法、手技療法などの施術により回復がみれれてもそれが一時的なものにすぎず、全体的にみて症状が平行線となり、良くも悪くもならない状態が続いていれば症状固定と考えます。症状固定という言葉は、医学用語ではなく、保険会社が使用している言葉のようです。

タップで電話する
WEB予約受付中